KOKUHO SYSTEM CO.LTD.

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

SDGsとは「持続可能な開発目標」のことであり、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標のことです。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人取り残さない(leave no one behind)を誓っており、日本では政府をはじめ、様々な企業や自治体、NGOやNPO、教育・研究機関などが様々な取り組みを行っています。

(外務省HP SDGsとは?JAPAN SDGs Action Platfork より)

コクホーシステムは、「この素晴らしい環境を子どもたちへ」をスローガンにSDGs達成に向け、

  • 「2.飢餓をゼロに」
  • 「3.すべての人に健康と福祉を」
  • 「4.質の高い教育をみんなに」
  • 「5.ジェンダー平等を実現しよう」
  • 「7.エネルギーをみんな にそしてクリーンに」
  • 「8.働きがいも経済成長も」
  • 「11.住み続けられるまち づくりを」
  • 「12.作る責任使う責任」
  • 「13.気候変動に具体的な対策を」

といった課題に取り組み、SDGsの目標達成のために貢献していきます。

環境事業部の取り組み

地球環境を守るための取り組み

世の中の環境意識も変わりつつあります。 化石燃料ダイベストメント からESG投資、企業の消費電力を温室効果ガスの排出が無い再生可能 エネルギーに100%切り替えるRE100への取り組み。 営農型ソーラーシャアリングにて飢餓をなくし、クリーンエネルギーを通し持続可能な脱炭素社会実現を目指します。

実績 累計
自社太陽光発電事業合計容量 9.17MW
年間発電量 9,950,280kwh
CO2削減量 3,975,137kg-Co2
原油換算削減量 2,258,714ℓ

不動産事業部の取り組み

増え続ける空き家問題への取り組み

深刻化し問題になっている「増え続ける空き家対策」として中古不動産の買い取りをおこない リフォーム・リノベーションにより、プラスαで新たな機能や価値を向上させて、現在の暮らし・住む人の 新しいライフスタイルの創造をおこない地域の活性化のために適した準環境整備を行っております。

環境性能に優れた住宅創りにより高齢化社会への対策と省エネ住宅創りにより低炭素社会を推進する取り組み

高断熱高気密で住宅環境に優れた住まい創りをおこない人々の健康維持を増進する。 環境エネルギーを住宅設備に標準仕様化する事で、クリーンエネルギーな環境創りをおこない、 住宅分野での脱炭素化を推進。  低炭素住宅・ZEH・LCCM住宅の普及に繋げる街づくりをおこないます。

コクホーシステム全体での取り組み

すべての社員の健康的な生活を確保し、持続可能な人財育成を推進します。女性が能力を発揮して、一般的には少ないとされる女性の管理職への起用もおこない男女ともに活躍出来る職場づくりを推進し、持続可能な経済成長と働きがいのある雇用を促進します。